クレアネットの代表ブログ

サッカー・フットサル

サッカーは子どもを大人にし、大人を紳士にする

サッカーは子どもを大人にし、大人を紳士にする
という言葉があります。これは本当にそう思うわけですが、サッカーしていると雨が降ったりグランドがぼこぼこしてボールがはねたり、審判にボールが当たったりなど理不尽なことが永遠に続くんです。試合でも自分が3点取ってハットトリックしたとしても、4点取られれば負けなのでトーナメントなんかだとその時点で終了になることもあります、理不尽さへの耐性という意味では子供を大人にするものだと思います。

また、対戦相手でもメッシのような飛びぬけて上手なプレーヤーがいたりしますし、「それは真似できない凄いプレー!」でシュートやられたとしても、あれは真似できない無理だと素直に相手の上手さやすばらしさを感じることができるわけです。サッカー選手でいえば、突き抜ければ突き抜けている人ほど相手をしっかりリスペクトしますし、ワールドカップでも試合に負けてからこそっと「メッシとツーショット」写真なんか撮ってる選手、よく話題になってます。

負けた後に敵選手と笑顔で写真撮ってんなや!(怒)

もわかりますしそりゃ撮りたいんです。スポーツ全般そうですしラグビーではノーサイドといいますし、野球でもそうだと思います。サッカーばかりしているとサッカー馬鹿ともいうわけではありますが、しっかり相手をリスペクトする、ただし自分は最後の最後まで諦めず全力で戦う、試合を通じてお互いリスペクトしてサッカー人や野球人として友好を図る、というのが大事と思います。そして戦えば戦うほど、いろんな人や選手に戦い方とコミュニケーションがあるので、井の中のかわず大海を知らずを知ることができますので、日々自分が謙虚になれますし、年齢や地域に国も超えたコミュニケーションできてそれに慣れるので、スポーツやサッカーがいいんだと思います。

これは勉強だけでは学べない事柄であって、知見がサッカーや野球を通じて広がるんです。

特に選手はほぼほとんどがプロ選手でないアマチュア選手なのだから、試合に感謝、対戦相手に感謝、審判に感謝、運営事務局やスポンサー、応援してくれるサポーターや1人でも応援してくれる人に感謝、この気持ちが自然にわいてくるのがサッカーだと思います。ちなみに聖地甲子園は100周年だそうでして、阪神で100周年電車が走ってました。
かっこいいぜ!

関連しているブログ記事一覧

  • 記事を書いたライター
  • 代表の新着記事
admin

株式会社クレアネット代表、好きなことはマラソン、サッカー。よく走り、よく蹴り、よく学び、よく経営する。最近はよく打つ、バンカー苦手。文藝春秋の『Sports Graphic Number』大好き。

  1. ココ・デ・メールの賃貸物件情報

  2. 闘鶏神社にある樹齢1200年の大楠

  3. 和歌山県天然記念物に指定されている蟾蜍岩(ひきいわ)

  4. ひき岩近くの岩屋観音様

  5. 三笠霊苑は平日も人がいて

  6. 闘鶏神社前の馬場は、かつて若宮神社まで伸びていたらしい

  7. ロジとサブでいえば、ロジは雑用係だけどここで差がつく

  8. 神仏習合という独自の熊野権現信仰

  9. キャリアアップ助成金 「正社員化コース」拡充

  10. 田辺市の菓匠二宮さん、鬪雞まんじゅうパッケージが素敵

自己紹介

趣味はマラソン、サッカー。よく走り、よく蹴り、よく学び、よく経営する。

勤勉は喜びを生み、信用を生み、そして富を生む。人間の大切な徳。徳である限りこれを積むには不断の努力がいる。

サッカー採用エントリー

固定ページ

RELATED

PAGE TOP