WEB制作会社 株式会社クレアネットの代表ブログ

未分類

就職氷河期世代の代表として思ったことや感じたこと

就職氷河期世代の代表として思ったことや感じたことですが、自分でいっぱいいっぱいだと何も周囲は感じていません。
よくない環境はわかるけど、うまくいく人もいるので、自分はそっちに行くだけ、と今も昔も思ってますので。

前に、

第二新卒生はどうですかの営業

こんな内容書いたのですが、学生さんと話などをする機会がさらにこの感覚は深めました。

ローパフォーマーのお守りすることはすごく大きな負担だし、自分のことを思い出すと本当に恥ずかしい限りではあるのですが、22歳、23歳の若者だと、学生の延長線上のアルバイト気分でしかまあ仕事してないです。むしろ習い事に通ってるほうが緊張感があったりするでしょうし、毎日とりあえず仕事に行けばお金がもらえるとしか思ってないです。
周囲もそんな感じで、会社や仕事の納得いかない部分を愚痴こぼしますし、何の役にも立ってないのですが偉そうに語っていたりもします、あまり悪意はないのですがゆっくり仕事終わりに珈琲飲んでるとそんな話がまあまあ聞こえてきて「あらあらあら」とか思うわけです。

あの頃思い出しても、何の役にも会社にも貢献できてないガキなのに給料もらってたし、働く意味など何にもわかってないし、上司などの苦労も知らないですし、間違いなく不要な人物でいつクビになってもおかしくないような人材だったと思います。カス人材だった自覚と自信がありますし、上司も言葉を選んでは話してくれたものの基本的には「お前自分の給料分も働いてないとビジネスだと発言権もないし、足手まといにしかなってないから」とオブラートにカスカス言われてたように思います。

そして、それは間違いなくそのとおりです。役にたつどころか不要な人材だったなとしみじみ思います。
あと、今と違って働き方改革言われてなかったので、業務終わりに積極的に学んだり先輩と関わったりできたけど、今の20代なんか働き方改革経験してるから無駄な経験や失敗もないので、10年後20年後にろくな上司にならないような気もしますし、そんな無能人材だらけで競争力もないなら負ける気もしないわけです。

過去にハードワーク、ついでに今もハードワークしてる自分なんかが「老害」で立ちはだかりますが、アジアから来た人材など優秀でハードワーク人材も上になりそうなので、20代に明るい未来は全然感じないわけです。もちろんそうでない人もいますが、全体的な傾向として割合が少なくなってきてるでしょうし、そういうざっくりした基準で。

関連しているブログ記事一覧

  • 記事を書いたライター
  • 代表の新着記事
admin

株式会社クレアネット代表、好きなことはマラソン、サッカー。よく走り、よく蹴り、よく学び、よく経営する。最近はよく打つ、バンカー苦手。文藝春秋の『Sports Graphic Number』大好き。

  1. 福本先生の「金と銀」

  2. ブラボー長友選手、引き続き!

  3. 模型っぽく見える夜のライトアップ大阪城

  4. ジェイピーセキュアさんがいつの間にか、EGセキュアソリューションズさんに

  5. EC-CUBE4系での確認方法(ソースコード)

  6. 初めての花園ラグビー場は超素晴らしいスタジアムで、FC大阪無事昇格

  7. アイソメトリックなイラストを使ったデザイン

  8. 地下鉄天王寺駅構内で見かけた「建設が好きだ!」の奥村組さん

  9. PSY – ‘That That

  10. ドーハの悲劇がドーハの歓喜に変わった29年後

自己紹介

好きなことはマラソン、サッカー。よく走り、よく蹴り、よく学び、よく経営する。

勤勉は喜びを生み、信用を生み、そして富を生む。人間の大切な徳。徳である限りこれを積むには不断の努力がいる。

サッカー採用エントリー

固定ページ

RELATED

PAGE TOP