クレアネットの代表ブログ

クレアネットについて

大桑教育文化振興財団さんの、大学生に対する育英奨学金の支給

和歌山県民ならだれもが知っているオークワ、この大桑さんが財団を立ち上げていました。その中の、大学生に対する育英奨学金の支給に関してです。

本事業では、有為な人材の育成に寄与するため、和歌山県内の高等学校に学ぶ学力、人物ともに特に優れた生徒で、大学での修学に経済的援助を求める者に対して、育英奨学金を給付し、その学習活動を支援するものです。返済の必要はありません。

助成期間:4年間(医学部および薬学部は6年間)
助成件数:13件
助成金額:月額3万円(年額36万円)

という大学での補助を受けれるそうです。この制度自体高校生のときなんかには全く知らなかったのですけど、今思うとこういった制度があることはありがたいですし、この制度を長年運用していることも素晴らしいことだと思います。さすがあなたのまちのオークワです。

話は変わりますが年賀状が20年前には44億も発行してたのが最近だと16億、と2分の1以上減少しているそうですけど、ただの挨拶ならメールとかラインでいいしわざわざ書かなくてもいいしが普通になってきていますし、恩師などには書きますがご商売だと年賀状辞めます宣言など受けることも多くなってきました。時代の流れですねとしかいいようがないですし、年賀状でなくワンテンポ早めてクリスマスカードを送ってくる業者さんもありますし年賀状だと埋没するのも非常にわかります。あとは転職で担当者さんいなくなってるケースもあって、学生時代からの友人も気付いたら転職してたりしてそうなると数年前から送ってた年賀状分がごそっと無駄なってたりも事後報告で受けたりすると、嗚呼年賀状。。となるんです。

年月を経ると時代もかわるのが常なのですが、年いったおじさんが若者を応援するのはいつも当然のこと。
苦学生してたときになぜだか焼き肉に連れて行ってもらえたり、寿司食わせてくれたり、2回り3回り違う先輩おじさんの器を今になって噛みしめれるものです。

大桑さんの奨学金で大学出てオークワではなくライバル企業のライフとか関西スーパー勤めるとかなると、まあいろいろ感じることもあるのですが、微力ながらに若者の夢を応援するおじさん側からすれば、ライバル企業行こうがかまわんので夢を大きく持って誰もが思えるような立派な人材になってほしいと思います。それこそ、大桑さんのような立派なご商売と奨学金で支援を子供たち次の世代をサポートするような方に。
おじさんの切なる願いです。

関連しているブログ記事一覧

  • 記事を書いたライター
  • 代表の新着記事
admin

株式会社クレアネット代表、好きなことはマラソン、サッカー。よく走り、よく蹴り、よく学び、よく経営する。最近はよく打つ、バンカー苦手。文藝春秋の『Sports Graphic Number』大好き。

  1. 闘鶏神社にある樹齢1200年の大楠

  2. 和歌山県天然記念物に指定されている蟾蜍岩(ひきいわ)

  3. ひき岩近くの岩屋観音様

  4. 三笠霊苑は平日も人がいて

  5. 闘鶏神社前の馬場は、かつて若宮神社まで伸びていたらしい

  6. ロジとサブでいえば、ロジは雑用係だけどここで差がつく

  7. 神仏習合という独自の熊野権現信仰

  8. キャリアアップ助成金 「正社員化コース」拡充

  9. 田辺市の菓匠二宮さん、鬪雞まんじゅうパッケージが素敵

  10. 京街道ウルトラマラニック 今年も発見

自己紹介

趣味はマラソン、サッカー。よく走り、よく蹴り、よく学び、よく経営する。

勤勉は喜びを生み、信用を生み、そして富を生む。人間の大切な徳。徳である限りこれを積むには不断の努力がいる。

サッカー採用エントリー

固定ページ

RELATED

PAGE TOP