WEB制作会社 株式会社クレアネットの代表ブログ

TECH BLOG

申告書の控え用紙に押印が来年からなくなる

デジタル庁もできましてDXでもありまして、申請なんかもIDパスでログインのオンライン申請が多くなってきた今日この頃、銀行振込なんかもスマホでOK手軽になってきたのですが、税務署の場合には来年令和7年から申告書の控え用紙に押印が来年からなくなるそうです。いいと思います。オンラインでいいものはオンラインでいいんです、と思ってるんです、本当に。まあ市役所とか役所系だとスマホ持ってない人もおったりですけど法人とかビジネスならスマホないとかあまり聞かなくなってきたので、これでいいと思います。

何でもそうなんですけど、便利なものができてその便利さに慣れればもう普通になるので高速道路のETCカードなかった時代なんかに戻りたくないのと一緒で、オンラインでOKになればあえて戻ることはほとんどなくなっていきます。申請なんかもそうですし、スマホで振込できるのも10万なんかでなくペイペイ銀行の場合には
・個人のお客さま 0~1,000万円(1万円単位)
・法人のお客さま 0~1億円(1万円単位) なので、1億円スマホ振込なんかあるんやあ、と思ってたのも、普通に不動産なんかで決済スマホ一発とかある話を聞いて、「時代やなあ」とか思ったり。
マンション買って1億振込スマホ、DXとかデジタル業務してても「ほー」としか声が出ませんが現実だそうで。

関連しているブログ記事一覧

自己紹介

好きなことはマラソン、サッカー。よく走り、よく蹴り、よく学び、よく経営する。

勤勉は喜びを生み、信用を生み、そして富を生む。人間の大切な徳。徳である限りこれを積むには不断の努力がいる。

サッカー採用エントリー

固定ページ

RELATED

PAGE TOP